ロンパースの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん基本的なロンパースの特徴として、上下が繫がっているデザインであることが挙げられます。上下が繫がっていますが肌着に分類されていて、短肌着や長肌着、コンビ肌着などと同じ役割を果たしています。上下が繫がっているので肌着には見えないデザインのものも多いので、例えば夏の季節で自宅にいるときなどはロンパース1枚で過ごすことも可能です。出かけるときはロンパースの上に服を着せてあげます。似たようなデザインの洋服にカバーオールがありますが、これは肌着ではなくて洋服の部類に入りますので、購入する時には気をつけましょう。

ロンパースは長袖、半袖、ノースリーブなど多くのデザインの商品があるので、季節に応じて使い分けることができます。上下が繫がっていればおむつ交換が大変なのではないの?と疑問を感じている人もいるかもしれませんが、デザイン性に優れていて、股下がスナップになっているものがほとんどなので、おむつ替えも簡単に行うことができるようになっています。様々なことに配慮されたデザインのロンパースは人気があります。

このようにロンパースならではの特徴があり、一見すると洋服に見えてしまうかもしれませんが、一般的には肌着の部類に入るので、赤ちゃんの成長に合わせて窮屈にならないように、その都度ジャストサイズのロンパースを購入することが大切です。続いては、上手な着せ方について説明します。